国勢調査の人工速報値が発表!日本の人口減少率は?

2020年の国勢調査の人口速報値が総務省によって発表されました。

日本の人口減少について

最近、日本の人口減少についてネットやニュースで多く取り上げられていますよね!

日本の人口が減少していることについてご存知の方は多いと思いますが、625日に発表された、2020年の国勢調査の人口速報値の内容はどのようなものだったのでしょうか?

総務省によると、202010月時点の調査時の日本の総人口は外国人も含め、126226568人で、2015年の前回調査時と比べ、868177人減少しているそう。

人口減少は、1920年の国勢調査開始依頼、初めて人口が減少した前回の調査に続いて今回が2回目となります。

人口減少が起こっていると十分理解しているつもりですが、改めて実際の数を知るとそのことの大きさに驚きます。

そして、2008年の12808万人をピークに減少し始めた日本の人口は、2011年から9年連続で減少しているのだとか。

皆さんはこの現状をどのように思っているのでしょうか?

ネット上では「将来が心配!」「何か施策が必要!」「早めに対策を!」「これからもっと減少すると思う」など思いは様々なようです。

また、「私の住む街では逆に人口は増加している!」というコメントも!

そう、人口減少についてですが、都道府県ごとにみてみると、東京や神奈川、埼玉など9都府県で前回に比べ人口は増加しているんです!

逆に、北海道や新潟、福島など、38道府県では人口が減少しおり、人口減少数が人口増加数を上回った結果だったんですね。

今後も人口減少は加速する?

 

少子化や高齢化の進行に伴い、内閣府では、今後も長期での人口減少が続き、2026年頃には、12000万人を下回ると予測されています。

また、2050年頃には1億人を割るとの予測も。

現在、少子化対策の一環である、子育て支援制度や働き方改革などさまざまな対策が打ち出されていますが、現段階では人口減少に歯止めがかかっていないようです。

日本の人口は世界で何位?

長い期間10位だった日本の人口ですが、近年メキシコに抜かれ、その順位を一つ下げ、現在は11位となりました。

日本が上位10位圏外になるのは比較可能な1950年以降初めてのことだそう。

しかし、この日本の人口減少問題とは裏腹に、世界の人口は現在約78億人。

こちらは前年比に比べ、8000万人増加しており、30年後には97億人と30年で約20億人の増加が見込まれているそう。

このように、世界でみると人口は増加していますが、日本では真逆のことが起こっていたんですね。

 

おすすめの記事