隅田川花火大会が中止!延期の開催はある?

コロナの影響で今年も隅田川花火大会が中止となりました。

隅田川花火大会は毎年7月に開催されています。

しかし、今年は東京オリンピック・パラリンピックと日程が重なるため、1023での開催が予定されていました。

大会実行委員会は開催に向けて協議を進めてきましたが新型コロナウイルスの感染の収束が見通せない中、来場者の安全を確保できないと判断し、第44回隅田花火大会の中止を本日18日に発表しました。

実行委員会は

「開催を楽しみにされていた皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。なお、令和年の開催については、令和月に開催する隅田川花火大会実行委員会で決定予定です」

とコメントしています。

隅田川花火大会の中止は去年に引き続き2年連続での大会中止となりますね。

開催日に当たる10月23日までに新型コロナウイルスの状況が改善した場合も開催はしないということです。

また、延期での開催もないようです。

2年連続の中止にネット上では「そうなると思っていた」「今年もやっぱりな」などの中止を予測していた声「他の花火大会も中止になりそう」といった他の花火大会を心配する声や「オリンピックは開催するのに花火大会は中止か?」などといった疑問が寄せられていました。

隅田川花火大会とは、東京都の隅田川で毎年7月の最終土曜日に行なわれる花火大会で、江戸時代から続く、日本の記録に残る花火大会としては最も長い歴史を持つ花火大会です

過去にも明治維新や第2次世界大戦で中止されたことがあり、1961年には交通事情の変化などにより行なわれなくなったものの、1978年から隅田川花火大会の名で再び復活したそうです。

打ち上げ数は約2万発、毎年90万人を超える人出があり、人出ランキングでは第5位と人気の高い花火大会となっています。

今回の隅田川花火大会以外にもすでに中止が発表された花火大会は多く、例年日本一の人出を誇る天神祭奉納花火や、同じく東京都で開催予定だった江戸川区花火大会、天神祭奉納花火に続き第2位の人出を誇る長岡祭り花火大会などの中止が発表されております。

そして今後もその数は増えていきそうです。

これからの時期、例年であると夏に向けてさなざまな花火大会や夏祭り、フェスティバルといったイベントが開催されますが、去年に引き続き新型コロナウイルスの影響での開催中止が見込まれそうです。

2大会連続で今年も中止となってしまった花火大会にとてもショックですが、来年令和4年度の開催が実現できるよう、コロナ収束に向かっていくと良いですね!

おすすめの記事