任天堂Switch風携帯ゲーム機!「Steam Deck」とは?

716日ゲーム会社のValveによって携帯ゲーム機「Steam Deck」の発売が発表されました。

Steam Deck」とは?

 ゲーム配信サービス「Steam」を運営するアメリカのゲーム会社Valveによって発表された任天堂Switchのような携帯ゲーム機です。

アメリカなど一部の地域では今年の12月から出荷が予定されいます。

世界で最もパワフルなフル機能の携帯型ゲーミングPCと称され、かなりの機能が備わっているそう。

任天堂Switchの大きさが6.2インチなのに対し、「SteamDeck」は7インチ。

任天堂Switchより一回り大きいといったところでしょうか。

また、重さも同様に任天堂Switch398gなのに対し、「Steam Deck」は669gと倍近くの重さがあるそう。

それだけたくさんの性能が詰まっているということでしょう。

WifiBluetooth機能も備わっており、PC用のソフトフェアをインストールして使用することができるなど、PCやテレビにも接続が可能なようです。

ネット上ではこの「Steam Deck」発表に「まじで欲しい!」「良さそう!」「Steam Deck 気になるな」などたくさんのコメントが寄せられていました。

 669gという観点から「すごい!ゲームしながら腕の筋肉も鍛えられる!」といった面白いコメントもありました。

気になるお値段は?

 3つのオプションが用意されており、64GB256GB(高速)、512GB(最速)があります。

ストレージ容量と種類による違いですがそれぞれ価格が異なります。

まず64GBに関しては399ドル。日本円でいうと44千円ほど。

次に256GB529ドル。日本円では58千円ほどです。

最後に512GBですが649ドルと日本円で72千円ほどで購入が可能だそうです。

 任天堂Switchが公式サイトにて33千円ほどで販売されていることから、値段も少し高めといったところですね。

日本での入手は可能?

 北米時間716日午前10時より公式サイトにて予約受付が開始されるそうですが、現時点ではアメリカ、カナダ、イギリス、ヨーロッパ地域と販売地域が限定されています。

それ以外の地域では2022年に販売を予定しているようです。

詳しい時期についてはまだ発表されていませんでしたが、今後のお知らせをお楽しみに!といった内容が公式サイトにあげられていました。

現在日本からの予約はまだできませんが、公式サイトでは日本語バージョンが用意されており、詳しい内容について知ることができます。

2022年の発売に関しても公式サイトにて随時発表があるようです。

おすすめの記事