第62回宝塚記念!クロノジェネシスはどんな馬?

627日、宝塚記念が阪神競馬場で行われました。

気になる優勝馬は?

 毎年一波乱のレースを見せるこの宝塚記念!

ファン投票でも1位でレースでも一番人気だった「クロノジェネシス」が優勝しました!

クロノジェネシスが優勝するのは前回大会の第61回に続きなんと2度目!

そして、この2連勝に続き、去年の有馬記念を含むグランプリ3連覇も同時に成し遂げたんだとか!

この内容からも、ファン投票で1位になるなどの人気度が改めて実感できますね!

宝塚記念2連覇は史上2頭目、グランプリの3連覇は史上3頭目だそうです!

ネット上では、クロノジェネシスの優勝と共に、「クロノジェネシスの1着を信じてた!」「安定の最強馬!」「おめでとう!」「クロノジェネシスは強いな〜」「かっこよすぎ!」などたくさんのコメントが投稿されておりました。

「クロノジェネシス」ってどんな馬?

 201636日生まれの現在5歳。

 フランスの競走馬であった父バゴと、母クロノロジストの間に生まれる。

品種はサラブレッド。

現在は引退した父親のバゴですが、過去、競走馬として凱旋門賞やパリ大賞典などG15賞した実績があるんだとか!

クロノロジストの強さは父親バゴから受け継がれているようですね!

主なクロノジェネシスの実績には、2019年の秋華賞、2020年の宝塚記念、有馬記念、京都記念、今回の2021宝塚記念などがあげられます。

宝塚記念とは?

 1年間を通して行われる競馬のレースですが、数あるレースの中でも特に有名なのがG1レース!

賞金なども高いレースで、出走するのも優秀で限られた馬になります。

有名なレースに桜花賞、皐月賞、菊花賞、有馬記念などがあげられます。

これらのレースは競馬に詳しくない人でも、ニュースなどで一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

その中のG1レースに今回行われた宝塚記念があります。

宝塚記念は毎年6月に行われ、夏になるとG1レースはしばらく休みになるので、上半期の総決算として重要なレースです。

今後の大会は?

 日本のG1レースは、この宝塚記念を最後に夏の間しはらく行われませんが、10月から再び開始されます。

また、海外でも競馬の人気は高く、G1のレースは世界中で行われています。

有名なレースにフランスの凱旋門賞やイギリスのキングジョージVI世&クイーンエリザベスステークス、アラブ首長国連邦のドバイワールドカップなどがあります。

その中でも、世界の競馬レース格付けランキング1位に選ばれるなど、世界に知名度を誇るフランスの凱旋門賞!

このレースに今回優勝したクロノジェネシスが参戦予定なんだとか!

凱旋門賞は103日にフランス、パリロンシャン競馬場で行われます。

そして今年2021年が記念すべき100回目の開催!

日本馬が何度挑戦しても勝てないと言われている世界最強のレースで知名度も高く、歴史あるこの凱旋門賞!

3ヶ月後のクロノジェネシスの活躍に期待が高まります。

おすすめの記事