五輪で祝日が移動!変更されていないカレンダーもあるのでご注意!

五輪で祝日が移動?

東京五輪が行われる影響で、7月、8月の祝日が大移動していることに気づいていましたか?

新型コロナウイルスの影響で、改正五輪特措法が昨年11月にやっと成立し、祝日の移動が決定されたため、多くの手帳やカレンダーが、例年通りのままで祝日を掲載しているそうです

もし変更前のカレンダーを見つけたら、すぐに書き換えておきましょう!

変更となる祝日は?

五輪の影響で変更となる祝日は、本来7月19日の「海の日」が722日に、1011日の「体育の日」が五輪に合わせて「スポーツの日」と名前を変えて、7月23日に移動となります。

また、811日の「山の日」が88日に移動し、9日が振替休日になりました。

これで722日から25日まで4連休、87日から9日まで3連休となります!

れらの祝日を移動したのは、五輪による都心の混雑緩和と五輪の円滑な運営を目的です。

723日の開会式、88日の閉会式に合わせて連休が作られました。

78月に連休ができたのは嬉しいですよね!

コロナ禍の状況もありますので、多くの方は自宅でゆっくり五輪を楽しむ連休になるのではないでしょうか?

また、もともと祝日だった719日、8月11日、10月11日は平日となります。

特に、10月唯一の祝日である「体育の日」が移動したことにより、10月は祝日がなくなってしまったようなので、注意が必要です!

れらの連休で旅行やレジャーなどを計画している方、医療機関や行政機関、金融機関を利用する方は、営業日や休館日などが変更になる可能性があるので、間違えないようにご注意ください!

五輪が中止になったらどうなる?

感染拡大の現状や、世界の情勢を踏まえると、五輪が無事に開催されるのか未だわからない状況です。

ですが、もし五輪が中止になっても、改正五輪特措法の改正がない限り、今年の祝日は変わりません!

また、来年以降は例年通りの祝日に戻るので、これらは今年限定となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?手元の手帳やカレンダーの祝日を、忘れないうちに書き直しておくことをおすすめします!

変異株の出現や、ワクチン接種状況感染拡大防止を踏まえて、五輪の観客数を減らしたり再抽選を行ったりとされていますが、東京オリンピック、パラリンピックの開催がどうなるかも見通しが利かず、日々のニュースから目が離せない状況です。

兎にも角にも、2021年の夏は特別な夏になりそうです

おすすめの記事