本日72日、沖縄地方の梅雨明けが発表されました。

梅雨明けについて

ここ最近雨が続いていますね!

 

梅雨の時期なので仕方がないことなのですが、一部地域では、大雨警報や土砂災害警戒情報が発令され、避難指示が出るなど、降り続く大雨で危険にさらされている地域もあります。

このように、各地ではまだまだ雨が続いておりますが、沖縄では梅雨明けが発表されたようです。

梅雨明けとは、梅雨が終わることで、本格的な夏の到来を意味します。

長らくの雨が続いた後、梅雨が明け夏が来るという一連の流れが大好きで、毎年この梅雨明けを楽しみにしているのですが、ネット上でも「沖縄いいなあ」「うらやましい!」「沖縄行きたい!」「沖縄の青い空と海が恋しい!」「関西はまだか?」など、多くの方が梅雨明けを心待ちにしているようでした。

梅雨明けと聞くと、「夏!」「青い空!」「海!」などと晴れ晴れしいイメージが湧きます。

ネットの声からも、みなさん同じようなイメージを持っているようですね!

平年よりも遅い夏の到来

本日72日に発表された沖縄の梅雨明けですが、平年と比べ11日も遅い梅雨明けだったようです。

ということは、今年は平年より約2週間も遅い夏の到来だったんですね!

期間でいうと、55日に梅雨入りが発表されてから58日間での梅雨明けとなった今年ですが、平年の42日間に比べると今年の梅雨はとても長かったことが分かります。

そしてこの記録ですが、1951年に統計が開始されて以来、過去4番目の長さだったんだとか!

また、梅雨明けが比較的早かった去年の記録と比べると、なんと20日も梅雨の期間が長かったようです。

年が違うとはいえ1年でそれほどの違いがあるんすね!

これは驚きでした!

なお、沖縄では今後晴れの日が続き、連日30以上の真夏日が続くなど、夏らしい天気となるようです。

同時に、暑さ対策や熱中症対策などが呼びかけられていました。

このように、全国で一番早い梅雨明けとなった沖縄ですが、他の地域の梅雨明けはいつ頃になるのでしょうか?

他の地域の梅雨明けは?

全国の梅雨明けについてですが、沖縄に続き、比較的梅雨明けが早い九州地方での梅雨明けが次に予測されます。

平年での九州地方の梅雨明けは7月中旬の15日頃から19日頃だそうです。

次に中国地方から関東地方にかけての平均は、7月中旬〜下旬にかけての17日〜23日頃。

最後に北陸地方では7月後半の23日〜28日頃が平年だそうです。

北海道には梅雨は無いですね!

ただ、今年の沖縄の梅雨明けが例年に比べ遅かったことを考えると、本州での梅雨明けも平年に比べ遅くなることがあるかもしれないですね!

湿気が多くじめじめする梅雨の時期はまだもう少し続きそうです。

おすすめの記事