自動車に運転記録装置の搭載が義務化に!義務化の原因は?

国土交通省は、運転記録装置を20227月から新車に搭載するように義務づける検討に入ったようです。

なぜ義務化に?

 理由は主に、事故原因の研究に役立てるというもので、事故が起こった際、その原因の一つとして、運転者の操作ミスが原因か車両の不具合なのかを特定しやすいようです。

ご存知の方も多いと思いますが、2019年に東京の池袋で乗用車が暴走し、母子2人が亡くなった事故がありました。

この事故ですが、現在も裁判が行われており、運転手の運転ミスが原因で起きたのか?それとも車両の不具合が原因だったのか?が大きな争点となっています。

運転記録装置の義務化はこういった事故が起きてしまった際に、その事故の原因を突き止めやすくなるというものなんですね。

ネット上では「やっとだ!」「やはり池袋の事故が原因で義務化に?」「運転記録装置が故障したってなった場合は?」などさまざまなコメントが投稿されておりました。

同時に、飲酒運転が原因の事故についての心配の声も多く「アルコール検知でエンジンがかからなくなるなどの装置の義務化も一緒にして欲しい!」などのコメントも見受けられました。

確かに、飲酒運転が原因で起こる事故は多いですよね!

この考えには私も賛成です!

近い将来、本当にそのような装置の開発が実現すれば嬉しいです。

運転記録装置とは?

事故の原因が突き止めやすくなるというこの運転記録装置ですが、具体的にどういったものなのでしょうか?

今回義務化が検討された運転記録装置ですが、「イベントデータレコーダー」(EDR)と言われ、交通事故発生時のアクセルやブレーキなどの運転状況が記録できる装置のようです。

また、シートベルト着用の有無や車の加速度、衝突被害軽減ブレーキが動作したかどうかも記録できるそう。

大きさは、お弁当箱くらいでシフトレバーの下部などに設置されるそうです。

他に義務化になる装置は?

 有名な自動車の運転記録装置の一つに、ドライブレコーダーがありますよね!

こちらはすでに普及していて、搭載している自動車も多いかと思います。

ちなみに私の車にも搭載しているのですが、事故が発生した際、自分に過失がないことを証明できたり、当て逃げやいたずらなどの被害にあった際の証拠として役に立ちますよね!

また、近年問題になっているあおり運転を防止する効果もあると言われています。

ドライブレコーダーに関しては、現段階では貸し切り専用バスなど一部の人たちを対象に搭載が義務化がされていますが、それ以外の個人が利用する自動車などにおいては特に義務化されていません。

しかし、このドライブレコーダーに関しても20225月から新車に搭載の義務化がされるそう。

今回義務化されるのは、安全確認や事故を事前に予防できるといった効果があるバックカメラのみだそうですが、現在すでに走行している車や中古車においても2024年から適用されるようです。

今回の運転記録装置搭載の義務化に続き、ドライブレコーダーの搭載義務化が大きな役割となって将来活躍することに期待です!

おすすめの記事